脚軽

開発ストーリー

〜 脚軽誕生からシリーズに 〜

「とにかく軽くて丈夫な脚立がほしいんや!」
職人さんの一言から始まり開発、 発売に至りました
【脚軽〜あしがる】

重い脚立ほど丈夫≒丈夫な脚立ほど重い、
という利用者の常識、
業界の常識を覆し誕生したのが、
この脚軽です。

まずは、製品の重さの原因を追及すべく
材質はもちろん細かな部品ごとの重さまで
徹底的に洗い直しました。

その結果、現在の脚立のスタンダードは、
はしご兼用脚立でしたが
利用現場やユーザーの調査から、
はしご兼用脚立の場合は
10回に1回もはしごを利用しないと判明。
これまで常識とされていたはしご兼用を
『脚立専用』とすることで
耐久性を確保しながら従来の脚立より
最大30%の軽量化(当社製品比)に
成功した軽くて丈夫な脚立が誕生いたしました。

下へ






開発ストーリー


脚立利用者の声から生まれた新機能

また、日頃から利用者の声を
商品の機能性向上などに活かすべく
ユーザー会を行っている弊社ならではの
新機能もたっぷり搭載いたしました。
「片手で楽に開閉できるワンタッチバー」
「着衣や道具袋が引っかかりにくいフラットな天板」
「踏み桟裏に張りを持たせることなどによる持ちやすい形状」
など脚軽ならではの機能が満載。

脚軽がASHIGARUへと進化

この脚軽に2014年夏、ブラックタイプと
脚部伸縮タイプが加わりシリーズで登場。
ユーザー様より強い要望をいただいていました
脚部伸縮式タイプは足場の悪い現場でも脚部調節で
水平をキープでき、アジャスターに
目盛りがついており高さの調節も簡単です。
ブラックタイプは、全世界の製品を審査対象にした
工業製品デザイン賞「iFデザイン賞2014」(ドイツ)に選ばれ、
機能性にデザインを兼ね備え
現場の空間を損なわない脚立として評価いただきました。
  今後もユーザーの皆様の期待に応え進化し続ける
「脚軽(あしがる)を
ぜひご利用ください。