• 文字サイズ

    SML

RECRUITING
at Hasegawa

新しいことに一緒に挑戦できる人とともに、
これからの未来を築いていきたい

これからも日々大きく変化していく時代に対して、前向きに挑戦する企業として。
様々なチャレンジを行う長谷川工業では、広い視野を持ち、新しいことに一緒に挑戦できる人とともに、これからの未来を築いていきたいと思っています。

求める人物像は、【誠実な気持ちで仕事をし、考えたことを行動でき、また自分の役割をどうすれば果たす事ができるのかを考えることのできる方】です。それを我が社では【創意・誠意・熱意】とし、日頃から社員一人一人が常に目標を掲げ取り組んでいます。このような私たちの理念に共感し、一緒に成長し新たな未来を築いていきたいという気概を持つ皆様を心よりお待ちしています。長谷川工業の未来を一緒に築いていきましょう。

トップメッセージTOP MESSAGE

長谷川工業とは

当社は昨年、創業59周年を迎えました。その歴史の中で創業当初からアルミ製のはしご・脚立の商売を扱い、業界の中ではトップメーカーとして利用者や業界の方々に信頼をいただいているメーカーです。ユーザーのニーズに合致する幅広いラインナップで製品を提供していることや、元来の業務用メインで培った技術でプロの方に安全・安心という高い品質をもつ製品を生み出していることが信頼を育み、長きに渡りトップブランド・トップメーカーとしてお客様にご支持をいただいています。今後もメインのはしご・脚立はもとより、加えて新しい技術やこれまでの市場をさらに広げるべく挑戦し、お客様の信頼に応えていきたいと考えています。

次のステップ

はしご・脚立、仮設関連商品など既存分野での商品開発を強化するとともに、「ルカーノ」「ハンドルステップ」などのデザイン製品のラインナップを広げ、個人向け製品を増やしていくことを考えています。また、国内市場に基盤を置きつつ、積極的に世界市場にもチャレンジしていきます。今後も引き続き、日本ならでは・ハセガワならではの信頼性あるモノづくりを世界へ発信していきます。

一緒に働きたい人物像

当社はメーカーですので、モノづくりが好きでどんどんと新しいモノ、世の中にないモノ、世の中がもっと便利になるモノ、お客様に安全に使っていただけるモノなどを作っていきたいというチャレンジ精神のある人と一緒に仕事をしたいと考えています。また、当社も国内だけではなく海外も含めたあらゆる地域でのビジネスを展開しているので、グローバルに活躍をしたいという高い意識を持った人を求めます。

今後の夢・ビジョン

当社の経営理念、社是にある「創意・誠意・熱意」の実現をさらに追求します。新しいモノを作っていく、それは商品だけではなく新しい市場・お客様・サービスなど何か世の中にない新しいモノを作っていく創意。それを皆で一生懸命熱い心を持って目標を実現させていく熱意。お客様に対して真心をもって仕事に取り組む誠意。その「創意・誠意・熱意」をもって世の中の人の役に立ち、なおかつ当社のもともとのはしご・脚立メインの仕事で培った財産をさらに大きなものにしていきたいと思います。また社員も自分が期待している以上にいろいろな力が発揮できる企業体であり、社員、社員の家族、お客様、当社を取り巻くすべてを幸せにできるモノを発信する企業にしていきたいと考えています。

従業員インタビューINTERVIEWS

  • 田中 良和

    最前線の社員に聞く!
    仕事内容

    1998年入社特注設計センター センター長 田中 良和

    続きを読む 

    現担当職務の概要とそのやりがいは?

    当社の設計には開発部門と特注部門があります。開発部門では量産品の開発、設計を行います。私の所属している特注部門ではお客様の希望に合った製品を提案し、図面化を行い製品化する流れとなります。数センチの製品から数十メートルにもおよぶ製品まで様々な業種向けに設計を行います。基本は一人で全ての設計を行う事になるので、自分の思い描いた図面が製品になる喜びを感じる事ができます。大きな案件になれば苦労もしますが成し遂げた時の喜びはその分大きくなり、やりがいを感じる事ができます。

    この会社に入社して良かった!と思うことは?

    様々な業種のお客様と仕事をさせて頂いているため、様々な現場に行く機会が多い事です。建設中の有名な建物、発電所、半導体工場、食品工場、飛行機の製造現場や格納庫、車輌基地や製造工場など世の中にまだ出ていない開発段階の物や新しい物を製造している工場を見ることができる楽しみがあります。そして、現場を見ることにより様々なアイデアを見ることができます。

    長谷川工業の自慢は?

    周囲とのコミュニケーションが取りやすい環境なので、仕事や人間関係等で困ったことも周りの方が気軽に相談に乗ってくれます。また、上司や先輩・後輩問わず、フラットな関係が自慢の会社で、若手社員からでも自分の意思を自由に表現、提案できる場が多々あるのが魅力だと思います。

    今の仕事で印象に残っているエピソードは?

    大きな案件になると生産や工程に多くの工夫が必要となってきます。過去に大きな案件が重なって、工場で生産した製品を全て組み立てるスペースが無くなることがありました。完成品を物流センターの駐車場へ搬送し、普段は組み立てる事の無い人までが協力し合い、何とかお客様の立会い検査に間に合うことができました。その時にメーカーでは社員全員がものづくりに関わる事があるのだと改めて実感しました。社員みんなの協力により納品もスムーズにでき、私自身もとても感謝しています。

    将来の目標や実現したいことは何ですか?

    自分の考えた案を製品化し、少しでも多くの足跡を残すことができれば社会に貢献でき、設計者として喜ばしいことだと思います。また、企業として品質の良い製品を供給し続けることにより、お客様から一番信頼される会社として行きたいと思います。日本をはじめ世界に「ハセガワ」ブランドを根付かせて行きたいと思います。

    新入社員に期待することは?

    「ものづくり」が好きで積極性のある方にはどんどん入社して頂きたいです。製図に関する基礎知識があれば大丈夫です。機械系に問わず電気系や建築系出身の人も活躍しています。入社歴の浅い人でも一人で最初から最後まで実務を行えるようになります。「ハセガワ」ブランドを共に大きく成長させる意欲のある方を期待します。

    就活のアドバイスをお願いします!

    多くの会社を訪問し、様々な業種・職種を知る事が第一歩だと思います。そこで自分のやりたい事を再確認し、自分に合うと思う企業を選択して頂きたいと思います。入社してから「自分が思い描いていた企業ではなかった」とならないように、出来るだけ多くの企業を訪問し、視野を広げる事が良いと思います。そこで「長谷川工業」が自分に合った企業だと思ったら一緒に働きましょう。

     閉じる

  • 西野 洋

    若手社員より、
    就活生へ応援メッセージ

    2010年入社製造管理課 西野 洋

    続きを読む 

    現在の仕事内容

    現在、生産部門の中で製造管理の仕事をしています。あまりピンとこない職務名かもしれませんが、設計や現場、資材といった生産部門を繋ぎ、会社のものづくりの能力を最大限に生かす仕事です。新商品の立ち上げや、製品や品質の改良改善、工場や生産能力の調整、材料調達、在庫、物流、生産管理システムの管理、等々幅広い業務を行っています。ものづくりに携わる様々な仕事を行い、ものづくりをあらゆる角度から見ることができとても勉強になります。私が特にやりがいを感じるのは、新製品の立ち上げや改良、そして廃盤といった「製品の移り変わり」の場面に立ち合い、関わることです。自分が関わった新製品や改良品達がたくさん売れ、お客様に喜んで貰うことは非常に嬉しく感じますし、愛着も沸きます。その一方で、役目を終えた製品、日の目を見ることのできなかった製品達を廃盤していく作業はとても感慨深いものがあります。

    社会人としての心構え

    「自覚」と「主体性」を持つことが必要であると感じることが増えました。社員である以上、外部から見れば「新人だから」「若手だから」は関係なく一人の社員であり、その一人の言動は会社の言動となります。不良品を作れば不良品ばかりの会社と取られ、電話対応が悪ければ電話もできない会社と思われます。全ての言動は会社の代表として行っていると自覚し責任ある行動が必要と感じます。また、指示された仕事をこなすだけならアルバイトでも出来る、社員として求められるのは自ら行動し、決定していく主体性です。言われてないからやらない、誰かの判断がないと出来ない、言われた通りにやるといった受け身ではなく、自分がやらなければならないという気持ちで行動し、自ら考えて情報を集め、決定していくことが求められます。また、主体性や好奇心を持って行動することは何よりも経験となり、自身のフィールドを広げることができると思います。

    就活生へのアドバイス

    私が就職活動で学んだことは相手の目線に立つということです。経営者や部門長といった、仕事を任せる側の目線に立って、自分や周りの就活生を見ると色々と発見があります。自分に成り代わって仕事をしてもらう相手はどんな人が良いか、自身のお金の使い方を誰に任せたいか考えてみてください。学歴や資格、対話内容も大事ですが、その人の発する安心感や自信をもった言動の方が良い印象を持つと思います。若しくは、高い買い物をする時の目線でも良いと思います。車を買うなら、そこそこの車です、燃費はまあまあですと紹介されるより、売れ筋です、良く走る車ですと紹介された方が買う気も起きるでしょう。自分自身を「そこそこです」と紹介せず、堂々と落ち着いて自信を持って胸を張って「良く走ります」と紹介することが大事だと思います。

    今後の目標は

    製品ラインナップを半数にしたいです。売れ筋製品達が進化を続けていく一方、進化に取り残された製品達にテコとメスを入れて行き、進化と統廃合を推し進めれば、品種を半数にしつつ売り上げを伸ばせるラインナップが構築出来ると考えています。生産部門としての贅肉を落とし、尚且つお客様に分かり易く満足いただけるラインナップを目指したいです。

     閉じる

  • 石井 このみ

    女性社員に聞く!
    仕事のやりがい

    2010年入社東京支店 OS2課 石井 このみ

    続きを読む 

    ハセガワへ入社を決意した決め手は?

    なにか面白そうなことができるのではないかと思ったからです。元々はしごや脚立に興味があった訳ではなく、この業界のことや長谷川工業のことも就職活動の中で知りました。当時はデザイン踏み台のlucanoができたばかりでしたので、少し脚立が身近に感じたこともあるかもしれませんね。はしご・脚立メーカーと言いながらもそれにこだわらずイベントや自動車、園芸関連商材など、新しいことにチャレンジしている企業姿勢に魅力を感じました。あとは面接で自分の言いたいことが全て言えたこと。これについては本当に場数を踏んでのタイミングだと思いますけどね。

    現在、当社初の女性営業職として活躍されていますが、仕事内容とそのやりがいを教えてください!

    仕事内容としては、当社製品を販売する営業ですが、私のお客様は通販・インテリア関連のお客様が主です。通販といっても皆さんがよく知っているカタログ通販からWEB通販、企業を対象に配布される備品カタログ通販、ギフトカタログやポイント交換…など多岐に渡るのですが、そちらに当社製品を掲載いただけるように営業をしています。またlucanoなどのデザイン商材をインテリアショップに置いていただけるように新規開拓をしています。代理店さんとの繋がりはもちろんですが、直接販売店さんにもPRさせていただけるよう心がけています。やりがいはやっぱりカタログに掲載されたときや、店頭に当社製品が並んだとき、リピートで注文をいただけたときなど、自分のやっていることが数字(結果)につながったときに強く感じます。ハセガワ初の女性営業職なんて言われるとプレッシャーですが、代理店さんで女性営業の方や販売店さんの女性バイヤーさんも多いので、普段はあまり気になりません。体力的にも大丈夫です!うちの脚立、軽いですから!

    女性の立場から見た、長谷川の魅力とは?

    長谷川工業は女性にとっても働きやすい会社だと思います。福利厚生の詳細は総務が伝えてくれると思いますが、周りに産休や育児休暇を取っている方もいれば、職場に復帰される方も多いです。私自身も、結婚・出産しても戻ってきてねと言われました。女性営業職はまだ私だけですが、本社や各営業所・工場や設計センターに活躍されている女性社員はたくさんいらっしゃいます。私もお世話になりっぱなしの頼れる先輩方です。また後輩も増えてきているので、私も頑張らないと、と常々思っています。

    今後のビジョン

    今私が所属している課は私と課長の2名で年間1億ちょっとの実績です。ただこれから業界的にも伸びていきますし、まずはそれを2億、3億と伸ばしていって、ゆくゆくは会社の柱となる部門として成り立つようにしたいです。そしてそんな部門を私が引っ張れる存在になれれば、と思っています。

    学生時代に学んだ事、経験した事で役立っている事はありますか?

    度胸と努力です。学生時代に短期留学をしたことや社会人サークルに入るなど、新しいことに飛びこんでみるということを実践してきたので、なにかあっても割と順応できていると思います。あと私が自己PRに使っていた「コツコツと努力すること」、学生時代は勉強でしたが、社会に出てからも勉強と実践を続けています。

    就職活動を行っている学生の皆さんへメッセージをお願いします!

    先ずは、皆さんの可能性を狭めないでほしいなと思います。アルバイトの経験はあったとしても社会人としてまだ働いたことのない皆さんは実際のところ働いてみないと分からないことってたくさんあるはずです。かく言う私も学生の頃、地元大阪で働きたいと思っていましたし、営業職も不安でなりませんでした。そんな私が今は東京で一人暮らししながら営業をしています。いざ飛び込んでみると東京も一人暮らしも楽しいし、営業も面白い!!今ではこの道で良かったなと思っています。したいことは貫いてほしいですが、もし不安に思っていることでも少し目を向けて試してほしいなと思います。もし長谷川工業に興味を持っていただけたなら、私は東京で皆さんをお待ちしています!

     閉じる